2019年5月20日月曜日

第15回 『両眼視』について

お問い合わせは 0898-24-1122
眼鏡士がいる店 三愛メガネ・コンタクト





両眼視

両眼視の定義
 人間は眼を2つもっているが、この2つの眼はあたかも1つの眼のように動いている。これは両眼で受け入れた感覚を脳で統合して、新しい感覚としているからであり、この機能のことを両眼視という。

 両眼視には融像立体視がある。融像とは右眼と左眼、それぞれの網膜に映った像を1つにまとめて見る働きのことである。立体視とはものを立体的にみる感覚で、これは右眼と左眼が離れていて、それぞれの眼の網膜に映った像の位置が異なるために起こる。したがって、立体視は片眼では起こらない。


 【両眼視の異常】
 1)斜視(過去文章参照)
 2)弱視(過去文章参照)
 3)不等像視
   両眼の映像の大きさや形が異なる場合を、不等像視という。この場合両眼の視線 が目標に正しく集中していても、両眼の映像を正しく合わせることが困難になり、両眼視ができなくなって物が二重に見えたり、立体視ができなくなったりする。

 一般に5%以内の不等像視は、両眼視が可能であるとされ、50%の不等像視ですら両眼視が可能なときもあり、不等像視に対してはある程度の適応性がある。しかし不等像視が強くなると、両眼視はできても眼精疲労が出てくる。


引用『折異常と眼鏡』より


2019年5月13日月曜日

第14回 『不同視』について

お問い合わせは 0898-24-1122
眼鏡士がいる店 三愛メガネ・コンタクト





不同視

 両眼の屈折度の違いの大きいものを不同視という。この場合、屈折異常を矯正して両眼の視力を同じようにすれば、両眼視できるはずであるが、両眼の映像の大きさが異なるため、不等像視がおきて両眼視できなくなる。このため眼鏡矯正にあたっては、それぞれのめの完全矯正は困難である。

 一般に2D以上の不同視では、完全矯正の眼鏡は装用しにくいと言われているが小児ではこれ以上の差のある眼鏡でも装用できる。


引用『折異常と眼鏡』より



#三愛メガネ
#三愛コンタクト
#不同視

2019年5月6日月曜日

第13回 『視力の異常』について

お問い合わせは 0898-24-1122
眼鏡士がいる店 三愛メガネ・コンタクト




視力の異常

 視力の異常の原因には次のような場合がある。

a)透光体の疾患:角膜、水晶体、硝子体の混濁

b)網膜・ぶどう膜の疾患:眼底出血、ぶどう膜炎など

c)視神経・視路の疾患:視神経炎、脳腫瘍、脳出血、脳炎など

d)眼圧の異常:緑内障

e)屈折・調整の異常

f)機能的な異常・弱視

g)精神的な異常:ヒステリー


引用『折異常と眼鏡』より


第14回は『不同視』についてです。



#三愛メガネ
#三愛コンタクト
#視力の異常

2019年4月29日月曜日

第12回 『視力の種類②』について

お問合せは 0898-24-1122

眼鏡士がいる店 三愛メガネ・コンタクト




視力の種類

裸眼視力矯正視力
 屈折異常を矯正しないで測定した視力のことを裸眼視力、屈折異常を矯正した視力のことを矯正視力という。単に視力と言えば、矯正視力を意味する。したがって、視力が悪いというのは矯正視力が不良であることになる。


 【片眼視力両眼視力
 普通視力というと、一方の眼をかくして片眼ずつ測定した視力のことである。これに対して、両眼を開いたまま測定した視力のことを、両眼視力あるいは両眼開放視力という。
 一般に両眼視力の方が片眼視力よりよい。とくに、片眼視力に比べ両眼視力が著しくよい場合として、片眼をかくすと眼振が起こってきて視力が低下し、ときには0.1にまで下がってしまうこともある。


引用『折異常と眼鏡』より

第13回は『視力の異常』についてです。




*****************************************************************

私たち【眼鏡士】はお客様と対面お話ししながら眼鏡の調整を行います。一人一人違うお顔に眼鏡を合わせるのは技術が必要です。そのため私たち【眼鏡士】は技術を習得し1年に1度講習を受け、技術に磨きをかけております。その為、眼鏡の調整には少々お時間を頂く場合もありますのでご了承くださいませ。

*****************************************************************



#三愛メガネ
#三愛コンタクト
#屈折と眼鏡
#視力の種類

2019年4月22日月曜日

第11回 『視力の種類①』について

お問合せは 0898-24-1122
眼鏡士がいる店 三愛メガネ・コンタクト




視力の種類

【遠見視力と近見視力】
 遠距離で測る視力を遠見視力といい、近距離ではかる視力を近見視力という。普通の視力検査は検査距離5mで、遠見視力を測定していることになる。近見視力は通常30㎝で測定する。小児では一般に遠見視力に比べ近見視力の方がよい。

 近見視力を表すのに、遠見視力と同じように、少数視力と分数視力のほか、ジェーガーおよびポイントがある。少数視力は遠見視力とまったく同じでよいが、検査距離は14インチまで30㎝で行う。

 このほか、70㎝から1mの距離で測定する中間視力もあり、これは交通関係の職場では重視されている。


引用『折異常と眼鏡』より

2019年4月15日月曜日

第10回 『視力』について

お問合せは 0898-24-1122
眼鏡士がいる店 三愛メガネ・コンタクト





視力

【視力の定義】
 視力とは物体の形や存在を認識する眼の能力である。視力は網膜中心窩の機能を示している。中心窩で見た視力のことを中心視力、中心窩以外で見た視力のことを中心外視力という。中心外視力は中心視力に比べると非常に不良であり、視線が2°ずれれば0.4、5°ずれれば0.1にさがる。

【視力の単位】
 視力は2点を2点として見分けることのできる最小視角で表す。正常の最小視は1‘である。眼と物体の距離が近ければ小さいものでも見えるが、遠ければ大きいものでないと見えない。


引用『折異常と眼鏡』より


第11回は『視力の種類』についてです。



#三愛メガネ
#三愛コンタクト
#視力

2019年4月8日月曜日

第9回『遠視と社会生活』について

お問い合わせは 0898-24-1122
眼鏡士がいる店 三愛メガネ・コンタクト
 




遠視と社会生活

 遠視は近いところを見るときはもちろん、遠いところを見るときにも常に調節を必要とし、そのため視力障害眼精疲労を起こし、内斜視の原因となり、小児では視力の発達が停止して弱視になったりする。このように、遠視は社会生活上問題大きい。とくに近いところを見ることの多い近代文明社会では、遠視の人はかなりのハンデキャップを背負っていることになる。とくに就職にあたっては、裸眼遠健視力を規準にすることが多いが、これが良好な者のなかには遠視もかなり含まれているはずである。そのため採用後、一般事務や精密作業では眼精疲労を訴え、仕事の能率が悪くなる。

 学校でも遠視は問題となり、小児は眼精疲労が、【根気がない】、【あきっぽい】、【本を読みたがらない】といった症状で現れ、学習能力は下がる。遠視は裸眼遠見視力検査は良好で、学校健康診断では容易に発見することができないから、文部省統計でも著しく少ないとされ、学校ではそれほど問題にはされてないが、実は近視より大きな問題点をもっている。

 遠視の場合には、年齢・程度によって眼鏡装用の規準はことなる。遠視があっても、年少児で軽い遠視は生理的と考えられるから、視力がよく症状がなければ放置してもよい。しかし裸眼遠見視力がよくても、+2D以上、裸眼視力1.0未満で症状があれば、眼鏡装用は必要である。


引用『折異常と眼鏡』より

第10回は『視力』についてです。